東工大ポータルに自動ログインするChrome拡張を作った

TokyoTechと東工大ポータルに自動ログインするGoogleChromeの拡張機能を作ってみた.

機能追加につき記事内容改定 (12 Mar, 2017)

  • TokyoTechの自動ログインに対応
  • マトリクスコードの入力を改善
  • マトリクスコードのインポートとエクスポートに対応

使い方

パッケージのダウンロード

以下よりパッケージをダウンロード.
https://dev.mi2428.net/pkg/titech-chrome-extension/latest/titech-chrome-extension.crx

旧バージョンも一応公開しておきますが使用は推薦しません.
https://dev.mi2428.net/pkg/titech-chrome-extension/1.0/titech-chrome-extension.crx

ソースコードはGitHubで公開しています.チェックしたい人はどうぞ.
https://github.com/mi2428/titech-chrome-extension

MacもしくはWindowsで使用する場合
Mac版とWindows版Chromeで,GoogleはChromeWebStore以外からインストールされたパッケージの使用を(ほぼ)禁止しました.
Extensions disabled by Chrome | Chrome Help

Extensions that have not been published on the Chrome Web Store are grayed out and you won’t be able to turn them back on.

ブラウザを再起動すると拡張機能が無効化され,再度インストールしない限り使えなくなります. 演習室・計算機室で使用する場合は注意が必要です.

インストール (Linuxユーザ)

  1. アドレスバーに chrome://extensions と入力
  2. 先ほど落としてきたパッケージ(.crxファイル)をウィンドウ内にD&D
  3. プライベートウィンドウでも有効化する場合は明示的な許可が必要です

インストール (Macユーザ・Windowsユーザ)

ソースコードは以下より入手可能(GitHubからでもOK).
https://dev.mi2428.net/src/titech-chrome-extension/latest/titech-chrome-extension-master.zip

  1. ソースコード(zip)をダウンロードしてくる
  2. 適当な場所に移動して展開する
  3. アドレスバーに chrome://extensions と入力
  4. Developer mode にチェックを入れる
  5. Load unpacked extension... をクリック,ファイラから先ほど展開したディレクトリ(titech-chrome-extension-master)を選択する

あとはLinuxと同じ

設定

メニューバーに出ている東工大アイコンをクリックして「アカウントを設定する」,別タブで開く設定ページにてもろもろの登録を行います. 特に説明はいらないと思います.見ればわかるので.

学籍番号やパスワード,マトリクスコードはローカルストレージ内に平文で格納されますが,これらのデータに他のWebサイトや拡張機能がアクセスすることはできません.(Chromeのセキュリティ機構により保証されます)

動作保証

記事執筆時において,次の環境での動作を確認しました.

  • 東工大 教育用電子計算機システム・演習室
  • 東工大 情報工学科電子計算機室
  • GoogleChrome (ArchLinux, 57.0.2987.98, 64bit)
  • Chromium (ArchLinux, 57.0.2987.98, 64bit)
  • Vivaldi (ArchLinux, 1.6.689.46, stable, 64bit)
  • GoogleChrome (OSX ElCapitan, 54.0.2840.71, 64bit)
  • GoogleChrome (macOS Sierra, 57.0.2987.98, 64bit)
  • Vivaldi (macOS Sierra, 1.7.735.46, stable, 64bit)

Vivaldiでは自動ログインはできますが通知が飛んできません.